Career Coaches

キャリアコーチ

日本生命にて、営業・営業マネジメント・人事を経験。Positive psychologyやレジリエンス、コーチングを探求し、現在は、採用・転職支援会社のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)に在籍する傍ら、キャリアコーチングや研修・ワークショップを行うパラレルワーカー。

 

自身の転職経験や、現職で培った150名以上の転職支援経験、金融業界やコンサルティング業界をはじめとする法人顧客の採用支援経験を活かしたアドバイスに定評がある。ビジネスパーソンの悩みに寄り添い、望む生き方から考えるキャリアのサポートが得意。

 

・The School of POSITIVE PSYCHOLOGYレジ

 リエンス講師認定コース第1期 修了

・(株)アナザーヒストリー主催プロコーチ養

 成スクール卒業

累計クライアント数:75名

◆コーチの特性

ソニー(株)に21年間勤務。商品開発や事業企画に携わった後、人事部で人材育成、女性活躍支援などに従事。その後、組織開発系ベンチャー企業において契約企業の社員の外部メンターとして活動。

 

現在はキャリアコーチ、キャリアコンサルタントとして活動。企業研修や個人向けワークショップなども行っている。

 

ビジネスマンのサポート経験が豊富。また、子育てと仕事の両立経験からのアドバイスができることも強み。

 

・国家資格キャリアコンサルタント

・Points of You®認定トレーナー(国際資格)

・チームフロープロコーチ養成スクール卒業

累計クライアント数:86名 (370時間)

(キャリアカウンセリングを除く)

◆コーチの特性

me:Riseキャリアコーチ長田卓史

花王(株)で東南アジア駐在、マーケティング業務、ボシュロムジャパン(株)でブランドマネージャーを務めた後、金融ベンチャーの経営陣として上場に貢献。

 

その後自らのモチベーションに火を灯し続ける「自燃型」人材育成するために、ファイヤー株式会社を設立。マネジメント研修講師・ビジネスコーチとして活動中。

 

日系大手企業から外資系へのステップアップ、ベンチャーでの経営経験を踏まえたマネジメントのキャリアへのアドバイスを強みとしている。

 

・国際コーチ連盟認定コーチ(ACC)

・ストレングスコーチ

累計セッション時間:689時間

◆コーチの特性


me:Riseキャリアコーチ高橋基成

旧太陽信用金庫(現 城北信用金庫)にて業務に従事。その後、一念発起して特別支援学校の教師に転職し14年間勤務。現在新たなステージへの挑戦するため、幅広い世代のスポーツ選手のメンタルコーチに転職。2017年よりデフサッカー・フットサル女子日本代表のメンタルサポート。他にも(株)未來舎と業務提携し、グループホーム管理責任者などの福祉業務も兼務。

 

自身も経験した大幅なキャリアチェンジに必要な自分軸の発見と、強みを引き出すコーチングには定評がある。

 

・(一社)フィールド・フロー認定スポーツ

 メンタルコーチ

・SBT3級コーチ

・教員免許(小学校・中学校・高校・特別支援

 学校)

累計セッション時間:560時間

◆コーチの特性

旭化成ホームズ(株)に勤務。その後、コーチング・コミュニケーション・チームビルディングを学ぶ。現在はスポーツメンタルコーチとして、指導者・チーム・選手の、モチベーションマネジメント・パフォーマンス向上・本番発揮力などをサポート。それらの経験を活かして企業研修も行っている。

 

個人の底力を引き出す身体感覚や五感も扱うコーチングを得意とする。また、アスリートのセカンドキャリアサポートの経験を活かしたアドバイスにも定評がある。

 

 (一社)フィールド・フロー認定スポーツメンタルコーチ

チームフロープロコーチ養成スクール認定コーチ 

累計セッション時間:1,602時間

◆コーチの特性

me:Riseキャリアコーチ橋本幸恵

大学では心理学を学び、三井物産(株)に13年間勤務。国内外の財務業務や石油・ガスのエネルギービジネスを経験。ロシア、イギリスでは多様な国籍・価値観のメンバーと共に働く。

多様化する環境の中で、働く人が自分らしく輝いて仕事をする、人生を送ることによりダイレクトに深く関わりたいと思い、独立。現在は20代の若手から管理職を対象とした研修講師、コーチとして活動中。

 

自身の経験や心理学のバックグランドを踏まえ、個々人が自分の内面を客観的に振り返り、自分の軸やビジョンを引き出すコーチングに定評がある。

 

・CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ (CPCC)

・全米NLP協会プラクティショナー

 

累計セッション時間:約260時間

◆コーチの特性


me:Riseキャリアコーチ高橋基成

(株)リクルートでHRサービスの営業として数百社に及ぶ企業の人事課題と向き合う。退社後、テレワークマネジメント社に参画。立上げ期のサービスアセットを担う他、テレワーク導入コンサルティングに多数携わる。現在はパーソル社に籍を移し、人事コンサルタントとして制度構築、組織開発に従事。対話やワークショップを組み入れた現場の意識改革を得意とする。

また、パラレルキャリアとして(一社)社会創発塾のキャリア教育団体イノライブで、学生を対象とした授業・イベントプログラムの設計、ファシリテーション、運営理事に従事する他、20~30代の若手・中堅ビジネスパーソンを対象にしたパーソナルコーチングにも取り組んでいる。

 

・国際コーチ連盟認定CTIトレーニングプログラム基礎・応用・上級コース修了

CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ (CPCC)

・青山学院大学プログラム認定ワークショップデザイナー

 

累計セッション時間:250時間

◆コーチの特性

me:Riseキャリアコーチ高橋基成

SMBC日興証券(株)に18年勤務。営業、債券・投資信託のマーケティング、人材育成を担当。

現在はアスリート、経営者の個別コーチングやチームサポート、企業研修を軸に活動。2016年にはメンタルサポートしていた女子体操選手がリオ・オリンピックに出場、48年ぶりの4位に貢献した。目標を明確にし、クライアントが目指す結果までの工程を作るコーチング・研修は言語化力、行動力が上がり、実際に変化が出ると定評がある。

 

・(一社)フィールド・フロー認定スポーツメンタルコーチ

・チームフロープロコーチ養成スクール認定コーチ

・全米NLP協会プラクティショナー

 

累計セッション時間:約2,000時間

◆コーチの特性

 

重次 泰子

Shigetsugu Yasuko

 

インタビュー

 

日本銀行で国際金融調査、為替のディーリング業務に約10年従事。4年間の子育て期間を経て、三菱総合研究所で金融経済のリサーチ業務に計13年携わる一方、「メンバーの幸福度とチームの成果の両方を引き上げる仕組みづくりはないか」という問題意識を持ち、コーチングを学ぶ。 現在は個人とチームのリソースを最大限に活かし、成果を上げることを目標に、ビジネスパーソン向けのコーチングや、企業研修などを中心に活動中。 個人の強みにフォーカスし、その人らしさを活かして成果を上げるコーチングに定評がある。

 

・国際コーチ連盟認定コーチ(ACC)

・GALLUP認定ストレングス・コーチ

累計クライアント数:45名

◆コーチの特性


Interview

コーチ紹介インタビュー

――キャリアコーチ志賀からのメッセージ

「こんな風に、自分のビジョンや将来の理想について話せる環境や、自分についてのアウトプットをひたすら聞いてもらえる機会って、なかなかありませんでした」

最近、ユーザー様がおっしゃっていた一言です。

「今勤めている会社を続けるイメージはないものの、やりたいことも特にない」「自分のキャリアは本当にこれで良いのか分からない」とご相談をいただくことが多いのですが、実は、そういったことを深めて考える機会がなかったり、アウトプットできる環境が、これまでになかっただけなのかもしれません。

最初はそのようなご相談をくださった方が、6回のキャリアコーチングセッションを通じて、目指したいキャリアの方向性を見つけ、活き活きと、ご自身のビジョンや将来についてお話をされていたり、新たな行動をスタートされるといった瞬間に、これまで何度も出会っています。

 

本当の答えは、それぞれの方の中にすでにあるもの。でもそれは、時に奥底にあったり、点で散り散りになっていたりすることもあるので、なかなか自分だけでは気が付けないこともあるでしょう。キャリアコーチは、そんな時に、その答えを見つけらるよう思考や感情を整理していくパートナーとも言えると思います。

 

――キャリアコーチ小泉からのメッセージ

 

他人に相談することが苦手で、自分だけでなんとかしようと孤軍奮闘している方にこそ、me:Riseのキャリアコーチングを活用していただきたいと思います。

私もそうだったのですが、人に相談することや助けを借りることに少し抵抗がある方、まだ自分はコーチングを受けるまでもないと思っている方も多いと思います。しかし、1人だけで考えていると様々な考えが巡りまとまらなくなったり、煮詰まってしまっている方も多いのではないでしょうか。

つい先延ばしにしてやり過ごしてしまうといったことも、コーチの助けを借りれば、具体的な一歩を進めることができるようになります。

自分のキャリアの方向性を自分で決め、主体的に行動を選択していくためのサポート手段として、キャリアコーチングという選択肢に興味を持っていただければと願っております。

Personalities Diagram of Career Coaches

コーチの特性分布チャート

me:Riseキャリアコーチ全員が受検したAIによる性格・価値観診断をもとに、me:Riseコーチ陣の「軸」の特性をデータを可視化しました。

 

診断結果はその人の全てを表すものではありませんが、自分のタイプとコーチのタイプを知ることで、どのコーチを選んだらよいのかのポイントの一つとしてご活用ください。

 

例えば、自分のタイプと似ているコーチを選択すると、より親近感が沸き、話しやすいと感じられるかもしれません。

反対に、自分と異なるタイプのコーチを選択すると、まったく違った視点からの示唆が得られるかもしれません。

 

どちらが良い、悪いというものではありませんので、コーチを選択する際の一つの参考データとしてご利用ください。

 

※性格・価値観診断は、「コーチとしての自分」ではなく、あくまでも「日常の自分」の観点での回答結果です。


Quality Improvement of Career Coaching

キャリアコーチのクオリティ向上について

スタンダード6回コースのユーザー様にセッション終了毎に、以下の6つの評価項目で担当コーチの定量評価と定性評価をいただいています。この評価は毎回コーチに共有され、定期的に開催するコーチ陣の勉強会で改善策を考え、その後のセッションに反映することで、常にコーチの質の改善に努めています。

コーチに対する6つの評価項目

 

① 受容力:話をしっかりと聞いて、受け止めてくれた

② 安心感:話しづらい内容も安心して話すことができた

③ 効果的な質問:コーチの質問によって気づきや新しい視点が得られた

④ 行動促進:行動を明確にして、具体的な行動を実戦できるように関わってくれた

⑤ 提案・情報提供:コーチからの提案や率直なフィードバックと情報提供は刺激になり、視野を広げてくれた

⑥ アプローチ方法:ワークなどのアプローチ方法や進め方は自分に合っていた


me:Riseでは、一定数のユーザーからの評価が集まり次第、自分にあったキャリアコーチを選ぶ時の参考指標の一つとして、各キャリアコーチに対する評価を公開する予定です。(※公表予定の評価は、ある時点でユーザーからの評価が一定程度集まっているという状態を示すものですので、コーチの能力や質について絶対的・確定的な優劣を示すものではありません。)

参考:サービスリリース前に実施したモニター向けセッションでは、モニター満足度4.3(5段階評価、すべてのセッションの平均)をいただきました。6回終了時に行ったコース全体に関する満足度は4.6(5段階評価)と高い評価をいただきました。