Interview

お客様インタビュー

「自分の中から湧いてくるやりたい気持ち」にフォーカスして転職し、半年間で理想通りの働き方を実現。

 

コンサルティング会社勤務 コンサルタント

浜村 耕大さん


 

自分がやりたいことを見失っていた時期、その時の状況を打開したいと申込み

 

――me:Riseを利用しようと思ったきっかけやその時の状況について教えていただけますか?

 

なかなかうまく業績を上げられず、悩んでいる時期でしたね。

親や周りの人から求められること、期待されることがいろいろある中で、何か自分がやりたいことを見失っていたような時期でもありました。自分なりに考えを書き起こしたりして整理していたのですが、自分ひとりの力では限界を感じていた時に、第三者的な視点で一緒に考えてくれる方がいたら心強いと思ったので、受けることに決めました。ちょうど身近な人でコーチングを受けて良い転職ができたという人がいたので、受けてみてもいいかなと思いました。

その時のコーチングの理解は、コーチはキャリアについてアドバイスを言ってくれる方で、そのアドバイスを参考すれば自分のやりたいことも見つかるのではないか、というイメージでしたね。

 

――コーチングを受けてどうなったらいいと思っていましたか?

 

ちょうど転職を考えていた時期だったので、良い転職ができたらいいなと思っていました。

とりあえず、その時の状況を打開したかったので、自分の能力が見出だせて活かせる場所に自分を移せないかなということを考えていましたね。me:Riseのnoteでキャリアに関する記事なども読んでいて興味はあったのと、me:Rise主催のイベント(転職を重ねてキャリアを築いたリーダーから学ぶ「後悔しないキャリア選択術」)に参加したことで、どんな方がサービスに関わっているか知っていたので、ここなら自分の欲しいものが見つかりそうだと思って申し込みました。

 

 

 

「自分の中からふつふつと湧いてくるやりたい気持ち」にフォーカスを当てることで、やりたいことも見えてきた

 

――実際にコーチングを受けてみて、いかがでしたか?

 

毎回楽しかったです。コーチがとても話を聞くのが上手なので、とりあえず自分が思ったこと、頭で浮かんだことを言葉にしていくだけで、だんだん自分の思考が整理されていく感覚があって、話す度に「自分のやりたいことは、こういうことなのじゃないか」というのが見つかっていく感覚を得られたことが大きいです。

 

当初イメージしていた「コーチからアドバイスをもらう」というよりは、話を聞いてもらう中で、自分で見つけることができた感じですね。

 

セッションの中で常に意識していたのは、「自分の中からふつふつと湧いてくるやりたい気持ち」にフォーカスを当てることでした。普段仕事をしていると、その辺がないがしろになって「やらなきゃいけない」とか、「あらねばならない」みたいな意識が先行していたと思います。

他人からも求められるし、もちろん家族からも期待されることもあるので、自分を見失っていたところがありました。でも、コーチが自分に対して繰り返し問いかけてくれることで自分の中の答えが整理されていき、毎回すっきりするところが、楽しかった要素だと思います。

 

――やりたいことは見つかりましたか?

 

いいえ、実はコーチングを受けている間では見つからなかったです。しかしコーチングを受けてから半年経った今、ようやく見つけることができました。

 

今の仕事は政治家を目指す人が選挙で当選するためのお手伝いをするようなコンサルティングをしています。

世間では「政治家」というとカネに黒いイメージがあります。しかし、実際にお会いしたクライアントの方々は皆、純粋に社会を良くしたいと思っている方々ばかりでした。政治家になることはそのご家族にも大きなリスクを負わせることになります。ある日突然、夫や父、妻や母に「政治家になる」と言われて、すんなり受け止められる家族はいません。大勢の人の前でスピーチをすることも私には到底できませんし、四六時中社会のことを考えている本気の姿には尊敬の念に耐えません。

 

私はスピーチライターの卵としてクライアントのスピーチ原稿を一緒に考えさせていただたり、若い層を中心に活用されはじめているネット選挙周りのお手伝いをさせていただいています。マスメディアだけでは伝わりきらないクライアントの人としての魅力を表現すること、特に文章を通じてどう伝えれば良いのかを考えることにやりがいを感じています。この仕事を通じて、その人の想いを汲み取って文章にして伝えることが好きだということに気づきました。自分の思っていることを伝えることも嫌いではないのですが、それ以上に他の人の想いを文章して第3者に伝わった瞬間に喜びを感じるのです。

 

 

転職し、働く環境も理想通り。毎日楽しく、明るくポジティブに考えられている

 

――コーチングセッションをどのように利用されていましたか?

 

最初の2回は、2週間に1回のペースで、その後は1か月に1回くらいにしたと思います。

 

1回目のセッションで「転職を考えています」と話して、

2回目のセッションで「会社に辞めると伝えました」という報告をして、

3回目のセッションでは「もう転職しました」と伝えました(笑)

 

転職した後はやりたいことを具体的にして、「10年後までこれを目指します」というところまで持っていきたかったのですけれど、それを考えるのに2週間という間隔では短く、また、新しい環境に移ったこともあったので1か月の間隔にしました。

 

――利用してから、どんな変化がありましたか?また得られたことがあれば教えてください。

 

いろいろ変化ありましたね。お付き合いをしていた彼女と結婚をして、仕事をする環境も変わりました。

働く環境も理想通りになり、2年間の間にやりたいことを見つけるという目標も半年で達成することができて、あとは見つけたことをどう実現していくか、というところだけだと思います。

 

セッションで、都会ではなく田舎に住んでリモートワークで働けないかなと話していましたが、今は叶っています。窓から見晴らしのよい景色が見えるところに住んで、休日は妻と散歩して近くの道の駅で、地域で採れた野菜を買ったりして、最高です。

 

コーチングを受ける前は悩んでいた時期でもあったので、最初のセッションではこの先どうなるかわからなくて、すごくネガティブな思考だったと思います。今は毎日楽しいですし、明るくポジティブにいろいろなことを考えられています。

 

――もし利用していなかったらどうなっていたと思いますか?

 

多分コーチングを受けていなかったら、この半年では見つからなかった気がしています。コーチングを受けたことで、今は仕事をしながらでもやりたい事ベースで考えられるようになりました。結果として転職はしましたが、それ以上に自分の意識が変わったことが大きな収穫だったと思います。コーチングを受けたことでこれまで状況を変えたいという自分の思いを後押ししてくれました。

 

――何が一番後押しになったのでしょうね。

 

コーチの存在は自分に期待しているわけでもなく、職場の人でもなければ、家族でもないので、フラットな感じで自分のことを考えてくださっていたのですよね。自分の発言に対して良い悪いも言わなかったし、自分もコーチの反応に対して、「悪いこと言っちゃったな」とか「しょうもないこと言っちゃったな」と思うことはなかったですよね。

 

一方で、会社の人に転職の話をすると相手の「辞めないでほしい」という思いを感じて申し訳なく思ったりしますし、家族に話しても心配が故に求めていることがポロっと相手から出てくるので、コーチがフラットに話を聴いて自分の考えていることや人生を真剣に受け止めてくれたことが後押しになったと思います。

 

コーチがご自身の経験を話してくれたこともありました。

周りの期待を受けて、自分の思考の癖で「こうあらねばならない」「それが正しい」と考えてしまうのですが、それが思い込みであることにも気づけました。もっと自由に考えていいのだと思えました。とても参考になりましたし、コーチの方がすごく身近に感じられました。

 

 

 

「やりたい事ベースで考えることの大切さ」と「誰かの喜んでいる姿を見たくて仕事している」こと気づけた

 

――特に印象に残ったコーチングセッションや変化のきっかけになったセッション、コーチの言葉などあれば教えてください。

 

1回目のセッションで、やりたいことを聞いていただいたときのことが印象に残っています。

 

それまであまり自分の人生に対して肯定的ではなかったのですけれど、

「浜村さんは素晴らしい方に恵まれていますね。浜村さん自身のお人柄ですね」みたいなことを言っていただいたことで、過去の自分に対して肯定的になれた気がします。

 

また、尊敬している人を挙げて、その理由を考えたときに

・義理、人情を大切に

・誰かのために、はっきりしている

・(周りに)合わせたりせず、やりたいことが明確、突き進んでいる

という言葉が出てきたのですけれど、その時もコーチから

「浜村さんもそのために突き進んでいますよね」と言ってくださって、

自分はこういう人になりたいのだと気づきました。

 

自分に肯定的にもなれ、自分のありたい姿も言葉にできたことが印象に残っています。

 

――コーチングセッションを通じて得た気づきとか発見を挙げるとすればどんなことがありますか?

 

ひとつは「やりたいことベースで考えることの大切さ」ですね。

自分の心の中に持っているものがふつふつと湧いてくるようなものかどうか考える大切さに気づけたことは大きいです。

 

もうひとつは自分は誰かに喜んでもらうことが好きで、家族や親友など身近な人の喜んでいる姿が自分の喜びにつながることがわかり、そこからその人たちが喜ぶキャリアの築き方は何だろうと考えるようになったことです。

 

当たり前に思うかもしれないですけれど、前の職場で働いていた時は、自分のやりたいことに目を向けられず、やらねばならないことに忙殺されていたということもあり、身近な人の喜んでもらえるように努力するまでの余裕がなかったので、自分は誰かの喜んでいる姿を見たくてその為に仕事していると気づけたことが大きいです。

 

ただ周りの期待を背負っていた時は自分がなかったので、自分の喜びにつながったり、嬉しかったりすることはなくて、文字通り滅私奉公しているような感覚でした。しかしセッションでは全て自分の中から出てくるものに注目したことで、それまで外から来るものに注目していた視点が変わったのだと思います。

 

結果として環境を変えることもでき、自分の視点も変えることができ、とてもよかったと思っています。私のようにキャリア形成について自分ひとりの力に限界を感じている方や今の状況に何か変化を起こしたい、何か新しいことにチャレンジしたい人にはメリットが大きいと思います。