Mission

ミッション


 

「よりよく生きる」ことを実現するためのキャリアの主体的な選択と行動をサポートします。

他者と共に考え、一歩踏み出すことの喜びを実現します。

 

 

私たちが考える「よりよく生きる」とは。

 納得した上で主体的に自分の働き方・生き方を選択をし、望ましい状態に近づいていくこと。

 

Concept

コンセプト

~自らの軸を見出し、変化の時代に活躍できる真のプロフェッショナルを目指す~

 

働き方やキャリアに対する考え方が多様化する時代、俯瞰的に自分を理解し、

自分の判断軸で長期的にキャリアをデザインしていくことが必要です。

 

ビジネスにおけるコミュニケーションも、論理性だけでなく感受性や感情的知性が求められています。

リーダーシップを発揮するには、自己の重要な価値観や判断軸を把握した上で、他者の理解を深めていく必要があります。

リーダーには、意思決定や計画立案などのスキルに加えて、「自己」と「他者」を深く理解するスキルが求められているのです。

 

チームや組織をリードするために最初に目指すべきことは何か?

それは、自分が何に強みがあり、何を目指すかを知り、自分自身をリードすること。

 

この土台があってこそ、リーダーやプロフェッショナルとして「他者」を理解し、成果をあげることが可能になると私たちは考えます。

 

今までコーチングは企業の経営層に対するエグゼクティブ・コーチングが中心でした。

しかし、今や、ビジネスに関わる全ての人がコーチングによってビジネスの変革や創造を牽引できる時代です。

これからの時代のリーダーを目指すビジネスパーソンが注目するキャリア・コーチングで、

自らのキャリアをデザインし、変革や創造の担い手としてのプロフェッショナルを目指しませんか。


CEO's Message

me:Riseへの想い

私は外資系戦略コンサルタントとして企業の課題解決に取り組み、次にNGOに転職し、アフリカや南アジアで社会の課題解決の仕事をしてきました。しかし、結局どちらも自分が目指すこととは「違う」という感覚を持ち、NGOを退職したのが、2014年でした。当時は明確な道が見えず、焦り、不安、モヤモヤを感じながらも次の一歩踏み出せない、そんな状況でした。1年ほど自力で試行錯誤していましたが、やはり明確な道やアクションが見えませんでした。

 

そこでたまたま出会ったのがコーチングでした。「コーチングって何か誘導されるのでは?」「コーチングって何か教えてくれるのかな?」と正直よくわからないまま受けたのですが、コーチが投げかける問いに対して一生懸命答えていると、「あ、自分ってこう考えていたんだ」「これが大事だったんだ」と少しずつ気付きが生まれてきたのです。

 

自分が何を目指すべきかということが少しずつわかる中で具体的なアクションにつながり、アクションのサポートもコーチから受ける中で、株式会社Rubatoの事業を研修とコンサルティングに絞ることができ、今では多くの仲間とつながりができ、事業もおかげさまで順調に進んでいます。現在、私は本当にラッキーだし幸せだと感じています。

 

そうした経験から、必要な方にキャリアコーチングサービスを届けられないかとずっと考えてきました。そこでRubato社としてローンチしたのがキャリアコーチングサービス「me:Rise(ミライズ)」です。

 

私はキャリアの多様化や転職前提の社会という時代の流れから、これからコーチングというのは、ジムやジョギングや英会話のように、ビジネスパーソンにとって当たり前のものになると思っています。

 

 me:Riseではできるだけコーチングの内容やコーチのスキルを見える化して、月に一度ジムに行くように、安心してより身近に気軽にコーチングを受けられるようにしたいと考えています。

 

コーチはビジネス経験が豊富で、かつ、多くのビジネスパーソンやアスリートをサポートしてきた経験豊かな方達のみを厳選しています。ユーザーさん自身が気付かない「自身の強みや価値観」を引き出すことのプロ達です。

長年モヤモヤしながらも転職など大きなキャリアチェンジに踏み出せないでいる方、何度も転職を繰り返しているが長期的にキャリアデザインしなくてよいのか不安な方、仕事と家庭の両立に悩まれている方、そのような方にme:Riseのキャリアコーチングを活用していただき、充実した人生の実現に貢献したいと思います。

株式会社Rubato

代表取締役 松上純一郎