Interview

お客様インタビュー

現在商社に勤務し、海外駐在も経験している多忙なビジネスパーソンであるY.N.さんは、なぜキャリアコーチングを受けてみようと思ったのか? 
コーチングセッションでの気づきや心に響いたコーチからの問い、そしてコーチとのメールでのやりとりを印刷した紙が貼りつけられている自作の自己対話用ノートを振り返りながら、コーチングの内容や効果についてお伺いしました。

 

――パーソナルコーチングを受けてみようと思ったきっかけは何ですか?

海外駐在をして帰ってきた後に、新しい仕事をする中で、「本当にこれで進んでっていいのかな」「本当に自分のやりたいことってなんなんだろう。でも、やりたいことが分からない」(といった)モヤモヤというのがすごくあって、自分で考えてもきりがないというか、同じ思考のループにグルグル回ってしまっているので、本当にピュアにやりたいこと、自分がどういう風な人生を進めたいのかというのを言語化してくれるお手伝い・サポートしていただける機会って何かないのかなと思って、コーチングに興味を持ちました。

 

――なぜ、me:Riseを選んだのですか?

プログラムが自分の中で良かったなと思えたことです。コーチングを受けたいなと1年くらい思っていたので、ネットとかで検索をしたんですけれど、どういう風に自分に向き合うかとか、引き出してもらえるのかとかって、あまり分からなかったんですけど、me:Riseさんは6回のコーチングの中で、自分の過去とか今どういう風に考えているのかとか、自分の内面を見直すきっかけっていうのにすごくフォーカスしてくださってるなってプログラムの内容を見て思ったので、それで選びました。

 

――me:Riseへの申し込みに踏み切ったポイントは?

たぶん2年くらいモヤモヤしていたし、自分の中で一人で内省をして、自分の大事な価値観を出していくっていうのは、ちょっとまあ限界というか、もうちょっと別の角度からいろいろ切り込んで欲しかったりとか、自分が本当に求めている自分の中の自分に対して答えを出したいことに関して、ちゃんとキャッチボールしてくださる方が欲しかったので。やっぱりそういうコーチングって自分を引き出してくださるキャッチボールをして、自分の大事なコアをうまく導いてくれるようなサービスって、今まで(聞いたことが)なかったので、やっぱり一人でやる限界を2年間苦しんできた分、きちんとお任せしたいなという意味で、決断は早かった、一瞬不安はあったけど、やっぱり申し込んでみようと思いました。


 

 ――me:Riseのコーチングを受けてみてどうでしたか?
今は、ある意味自分はこういうことが好きで、こういう風に進めていきたいなっていう風な。今感覚的に言うと、自分の進むべき羅針盤みたいのが見えた感じがするので。自分のやりたいことの進むべき方向性は羅針盤が見つかったので、それに従って、逆にその方向性に進むのであれば、途中にある道が海でもいいし山でもいいし。例えば、今の会社でがんばるとか、転職してもいいし、それかあえて全く違う留学するでもいいし。ただし、どんな選択をしたとしても、自分の進む方向性っていうのはこっちだっていう風に、胸を張って言えるようになったので、それがあるないでは人生ある意味楽しみ方というか、いろんな選択肢も自分の中での一つの経験で、その後に進んでいきたいなと思える行き先が見つかったので、それはすごく大きいなという風に思います。

 

――もしコーチングを受けていなかったら、どうなっていたと思いますか?

たぶん、受けてなかったら、今でもなんとなくこれしたいんだろうけど、でも具体的にじゃあ、一歩どういう風に踏み出していいのか分からないっていうモヤモヤはずっと残ってたなと思います。

 

――コーチングを受けて、ご自身の内面の変化以外の変化はありましたか?

自分は将来こうしたいなとか、こういう道に進みたいなとか、自分が相手に伝えられるようになったので、人であったり情報の広がりがすごく増えたし、相手から助けてもらえる。その広がりを助けてもらえるような機会がすごく増えたなっていうのは、コーチングを受けて自分が納得するキャリアの進め方っていうのを出せたから、今そういう広がりに助けられてるなと思います。

 

――me:Riseはどんな人に向いていると思いますか?

 同世代で同じ悩みを抱えている人って多いんですよ。やっぱりこの会社でいいのかなとか、逆に会社の中でこれをやりたいって思っているけど、一歩踏み出せなかったからどうしようとか。あとは「自分の中で本当にこれでいいのか?」って親に言われるとか、「友達の人生、これはいいなって思うけど、自分はとてもじゃないけどできないなあ」と自分を卑下しちゃったりとか。そういった人が、本当に自分に自信をもって、自分の気持ちを大事にして、一緒に前に進んで行く。そういった気持ちにさせてくれるのがコーチングだなと思ったので、私みたいな同世代、20代後半から30代前半のこれからのキャリアをいろんな環境変化を乗り込んで進んでいく人にすごくお薦めしたいなと思います。


Customer Stories

お客様のストーリー

 

S.K.さん (男性、会社員)担当コーチ:小泉

―コーチングを受けようと思った理由は何ですか?

 

説明会に参加し、今回のキャリアコーチングがまさに私が現在求めているものと一致していると考えたからです。その理由は、人生100年時代を見据えて、今後の自分の人生の方向性をゼロから考えたいと考えていることが一点。同時に、現在勤めている会社で仕事をしていてとても違和感を感じているため、新たな道も模索したいと考えており、まずはキャリアコーチングを受講して自分が進む方向性を見極めたいと思ったからです。具体的な転職活動はその後だと考えています。

 

―今回担当するキャリアコーチを選んだ理由をお聞かせください。

 

キャリアコンサルタントの資格を持ち、キャリアコーチをされ、ビジネスパーソンへのサポート経験が豊富な点です。

 

Start

初回ということで私の状況をとにかくよく聴いてもらった。自分は仕事で仕事の仕組みづくりやルールづくりをよくやっているのですが、意外と他の人はできないということを小泉さんに伺い初めて知った。これは自分の得意な部分なのかもしれないと認識できた。

1 回目

自分の軸がわかったような気がした。好きなことや成功したことと逆に悔しかったことなどを質問されて、答えた内容は同じことを言っていたように思いました。いろいろな角度から質問されたのですが、話した内容が整理されたように感じ、これから先がみえてきそうな感じがした。

2 回目

自分の10年後の理想を実現するために、どうするのかを見つけるヒントをいただいた。小泉さんの質問に対する回答が脱線しそうな時に、きちんと戻してくれたり、今まで考えたことない点を提案していただいた。

3 回目

自分のスキルなど持っているものを話して、改めて自分の強みを認識することができました。小泉さんに強みを教えていただいたことで、自分では当たり前だと思っていることがそうではないんだということがわかり、とても有意義でした。また、話している内容がプラスのことばかりなので、時間があっという間に過ぎてしまいました。このようなことを話すことはなかなかないですし、聴いてもらえることもないのでとても満足しています。

4 回目

今まで気づかなかったキャリアプランに気づかせていただいた。一人では気づかない視点をコーチの小泉さんから教えていただき感謝しています。また未来に向かって何をするのか考えるのはとても前向きで、話したり考えたりすること自体がとても楽しく満足しています。次は自分がいかに行動するかだと思っています。

5 回目

今回のセッションで、直近1年を見据えて何をしていけばいいのか新たな気づきやアイデアを得られた。また、曖昧だったことを具体化していくヒントをもらえた。職場環境を変えるために行動するタスクをどういう順番でやるのか、考えるヒントを得られた。

6 回目
 End 

キャリアコーチング受けた後の感想

 

―セッション6回を通して全体の満足度を教えてください。

 

大変満足しています。セッション6回を通して、10年後の目指す将来像が具体的になり明確化できたことです。これが何より大きな成果です。これはこのセッション6回を受けなければ難しかったと思います。かなり個人的なことや普段話すことのないようなことをコーチの小泉さんと話すことで濃密な時間を過ごすことができました。これはなかなかないことです。親友や家族でもここまで突っ込んだ話を6時間もすることはなかなかないです。

 

―キャリアコーチングを受けたことで得られたこと、役に立ったことは何ですか?また、何かご自身で心境や行動の変化はありましたか?

 

得られたことは、10年後の将来像が明確化できたことです。そして、振り返りをするなかで、その将来像が確かなものだと裏付ける気づきもあり、将来像について自信が持てるようになったことが大きいです。

役に立ったことは、このセッションを受けたことで、コーチの助けを得ながら、新たな気づきを得られたことだと思います。自分では当たり前と思っていることで人より優れていることは、誰か他の人から言ってもらわないとなかなかわからないので、コーチの存在は大きかったです。

 

自分の目指す方向性が明確になったことで、自分に対する自信がより湧いた気がします。普段の生活で(特に職場では)嫌なことや理不尽なことがあっても、自分が目指す方向がわかっているので、深く悩むことがなくなりました。そして、曖昧なこともどんどんと気づきやアイデアが生まれ、それが行動につながり、前進していると感じられるようになりました。

 

―今後継続して利用したいと思いますか?

 

はい。将来像が具体的にはなりましたが、直近1年での目標として職場環境を変えることを考えています。ここでの舵取りはとても重要で、やはりコーチの助けが必要だと思っているからです。

 

―どんな人にキャリアコーチングを勧めたいと思いますか?

 

人生100年時代を見据えて、自分はどういう将来像を描けばいいのか、迷っている、あるいはどうすればいいのかわからない人にぜひ勧めたいです。

 

中山重治さん(男性、会社員)担当コーチ高橋

―コーチングを受けようと思った理由は何ですか?

 

 現時点で転職は考えていないのですが、自分の考える社内のキャリア形成の方法に自信が持てず、このままでよいのか不安が大きいためです。

 

―今回担当するキャリアコーチを選んだ理由をお聞かせください。

 

ご紹介文を読み、自分の状況に合いそうな方を選択しました。

 

 

 

Start

初回ということで緊張もありましたが、自分の要望と状況の説明が出来ました。人生目標と今の課題をリンクさせると前向きなエネルギーになるということに気付くことが出来ました。

1 回目

幼少期の時代に読んだ本が今の自分に影響を与えているのかもしれないことがわかりました。これはもしかすると今の課題が克服できない理由となっているかもしれません。有意義な時間でしたが、自分が話し過ぎてしまったせいで最後少し時間が足りなくなってしまい、過去の振り返りのワークシートを埋めたかったと思います。

2 回目

周りの人を使うことのメリットを認識できました。いつも目一杯話が出来るので脳がスッキリします。7つの習慣の一つである信頼のデリゲーションを思い出すことができ、今後の自分の行動に大きな影響を与えると思います。6回終了後には具体的な行動指針が得られ、その振り返りができる機会があれば嬉しいです。

3 回目

今回と前回で話をした内容がマインドの文書になって作成されました。自分の大事にしているものが明確化されてきています。疑問に思っていなかった自分の価値観の根拠は何なのか、本当に重要なことなのか、考える機会になっています。自分の人生プランがここで立てられると助かります。

4 回目

朧げに描いていた未来の文章化と10年後のありたい姿を考えることができました。今回は自分の未来を考えるセッションで、大枠の部分が主体になっています。次回はこれまで探索してきた現在と未来をつなげる具体的な指標や行動目標の指針、中間目標を立てるセッションのため、私がキャリアコーチングを依頼した理由そのものとなり、最も重要と考えております。

5 回目

5年・10年の自分の羅針盤を得られました。目標としていた行動指針が納得のいく形で手に入りました。

6 回目
 End 

 

 

 

 

 

キャリアコーチング受けた後の感想

 

―セッション6回を通して全体の満足度を教えてください。

 

目標としていた自分の指針が組み立てられました。

 

―キャリアコーチングを受けたことで得られたこと、役に立ったことは何ですか?また、何かご自身で心境や行動の変化はありましたか?

 

自分の過去の振り返りから、なんとなく拘りをもっていたことがあまり意味が無いと悟ることができました。あと、自分の5年計画書を入手できました。今まで独りよがりだったと反省し、周囲をどうやって巻き込んで成果を上げるかを考えるようになりました。

 

今後継続して利用したいと思いますか?

はい。人間すぐにサボってしまうので、何か締め切りや短期目標の報告の機会を持ち、継続した緊張感を保つためです。

 

どんな人にキャリアコーチングを勧めたいと思いますか?

 

前向きなエネルギーはあるけども、不満があったり状況が悪かったりして悩んでいる人に勧めたいです。

 

コーチングは自分の深層にある意見を引き出す必要があるため、周りの影響を受けない環境と、セッションに臨む自分の気持ちがポジティブでないといけないと思います。あと、嫌々受けるような人にはあまり効果が出ないかと思います。就活生なども対象として良いような気がします。



 

N.M.さん(女性、会社員)担当コーチ:長田

 

―コーチングを受けようと思った理由は何ですか?

 

今の会社に満足しているものの、子育てをしながらのキャリアアップについてコーチングを受けてみたいと考えているため。

 

―このコーチを選んだ理由をお聞かせください。

 

子育てをしながらのキャリアについて、経験者よりも、客観的な視点からコーチングをしていただきたく。特にモチベーションマネジメントに興味をひかれたため。

 

 

 

 

 

Start

次回までの具体的なアクションが見えた。10年後のキャリアという意味で、もう一段階の期待をもっています。

 

 

1 回目

具体的な5年・10年後の状況を思い描くことができ、直近で取り組むべき課題が具体的に見えてきた。

 

 

2 回目

自分ひとりではなかなか前に進めなかった課題2点について的確なコーチングをいただけた。

 

 

3 回目

目下の悩みであった、新しいポジションにむけての準備を1時間で明確にさせてくださった。直近の仕事に対するアクションの整理ができた。

 

4 回目

プライオリティをつける必要のある課題の洗い出しをすることができた。

 

5 回目

前回のセッション後の反省点を整理できた。また、10年後までの具体的キャリア目標を定めて、プランを行動へ落とし込む方法が明確になった。

 

6 回目
 End 

キャリアコーチング受けた後の感想

 

―セッション6回を通して全体の満足度を教えてください。

 

自分ひとりでは考えがまとまりにくい)あるいは考えに時間のかかる)、キャリアプランニングや直近の問題等について解決ができた。

 

―キャリアコーチングを受けたことで得られたこと、役に立ったことは何ですか?また、何かご自身で心境や行動の変化はありましたか?

 

自分のむこう10年のキャリアプランとその実行への自信。キャリアプランが明確になり、自信がつきました。

 

―今後継続して利用したいと思いますか?

 

はい。1-3ヶ月くらい実行してみて、振り返りと今後のプランの再設定が必要になってくると思う。ひとりでも出来るかもしれないが、コーチングをいただくことで、時間的にも内容的にも圧倒的に生産性があがることを実感したため。

 

―どんな人にキャリアコーチングを勧めたいと思いますか?

 

上を目指したいという心意気があるものの、どうしたら良いかわからない、あるいはその気持ちを表明することに自信が持てない人。コーチングを受けながら具体的にプランを描くことで、他の人に話してみようと思えるくらい自分のキャリアに自信が持てるようになったため。

 

H.H.さん(女性、会社員)担当コーチ:橋本

 

―コーチングを受けようと思った理由は何ですか?

 

1. 仕事と家事と子育てで精一杯だったが、ある程度子どもが大きくなってきて家事と子育ての割合は減ったが、その分仕事が増えてやはり忙しさは変わらず。この先このままでよいのか、どうキャリアを気づきたいのか、そのために今何をすべきなのか。考えるきっかけを作りたい。(今年方向性を考えることが目標)

 

2. 自分が今までどう過ごしてきて、どういう価値観なのかなどもこの機会に振り返りたい。

 

―このコーチを選んだ理由をお聞かせください。

 

できれば女性で子育て経験もある方にお願いしたい。

 

 

Start

現状に対して感じていることについて、「どうしてそう思うのか」「どうすれば満足な状態になるのかについて、会話を通して深堀りできた。今の自分を、過去の経験や体験含めて、少し振り返ることができた。会話の中で、自分がマイナス面だととらえていたことに対してプラス面の見方をあることを認識出来たり、多様な見方があることを認識できた。

1 回目

今まで意識していなかった自分の強み、弱み、大切にしていることを具体的にすることができ、それらを踏まえて、今改善したいことに対する対処方法まで少し落とすことができた。

2 回目

前回考えた対処方法を実行に移してみた振り返りに対するさらなる改善点の検討、と さらに改善は難しいと思っていたことに対して、現状と理想把握、そのために出来る行動を考えることができた。

3 回目

前回考えた改善案を実際にやってみて→振り返りというサイクルの中で 今まで現状を自分で変えることはできないと考えていたが、コーチと会話をしていく中で、自分でも改善できる点はあること、振り返りすることでさらに良い方向にもっていくことを実感できた。やり方次第で変えられるという気付きを得て前向きな気持ちを持てるようになった。

4 回目

過去から現在を改めて振返り、さらに10年後どうなっていたいかを、具体的な職業等でなく、どう過ごしていたいかということを先にイメージすることで、10年後の理想のイメージまでの考え方の道筋のようなものが分かった。

5 回目

10年後等の未来に向けて明確なビジョンを決めてそれに向かった進むべきという概念にとらわれていたが、短い期間で振り返りつつ先を決めるというやり方もあるのでは?と気づかせてもらった。全体を通して、コーチの実体験や多方向からの見方を教えてもらう中で、新たな気付きがうまれ、考えて方が広がった。

6 回目
 End 

キャリアコーチング受けた後の感想

 

―セッション6回を通して全体の満足度を教えてください。

 

今自分の状態に対する考え方の幅が広がった。現状を変えたいという想いに対して、自分ではどうしようもないと考えていたが、どうしたら満足なのか?自分の得意なことや達成感を感じるポイントを考えることで、実は自分で改善できることもあることが分かったり、それをこの1ヶ月の中で実践→振り返りを繰り返すことで、少し自信が持てるようになった。自分の中にあるいろいろな経験を引き出してもらうことで、自分自身を振り返ることもでき、将来どうありたいかをイメージすることができた。また、自分の得意だなと思うこと、どう過ごしたい、どうなりたいというのが、大分明確になった。

 

―キャリアコーチングを受けたことで得られたこと、役に立ったことは何ですか?また、何かご自身で心境や行動の変化はありましたか?

 

今までは無理と思っていたことも改善できる点を見つけてまずは実践してみるようになった。オン・オフの切り替えの意識付け。考え方の幅の広がった。

 

今後継続して利用したいと思いますか?

 

はい。目標に向かっての行動→振り返りというサイクルを定期的にコーチングしてもらうことで、客観的に振り替えることができる。自身でできればよいが、いい加減になる。考え方が固定化されてしまう。

 

どんな人にキャリアコーチングを勧めたいと思いますか?

 

現状を変えたいと思っているが、自分ではどうしようもないと思ってしまっている人。目指すありたい姿がわからない人。目指すありたい姿に向かって自分だけでは達成する自信がない人。現状を変える、変えたい方法が転職だけではないので、まずは現状、今までの自分を振り返ることで、これからどうしたいのかを考えさせてくれる。



 

R.F.さん(男性、会社員)担当コーチ:志賀

 

―コーチングを受けようと思った理由は何ですか?

 

以前転職エージョントを利用して転職活動を行なっていたが、転職ありきで話が進んでいるのかもという思いが少しあり、相手の言うことを100%信用できず、今回は利害関係がない為、率直に話ができると思ったからです。また、その転職活動以降(結局転職はしていない)、職務も変わったので、今回改めてキャリアの棚卸を行い、今後の人生を見つめ直したいと考えています。

 

―このコーチを選んだ理由をお聞かせください。

 

説明会に参加していたコーチを選びました。

 

 

Start

自分がこれまで仕事に対して感じていたモヤモヤの原因がわかりました。本セッションを通じて、セッション開始前よりも自身のキャリアに対する考え方を深めることができました。

1 回目

自分の価値観の再確認できました。具体的にいうと、どのような事にやりがいを感じていたかという事を再認識できました。過去を振り返って自分の感じ方の共通項を見つけるということは何度か行った経験があるのですが、違和感なく出来たし、時間が経つのがあっという間でした。 一方、この時間では足りなかったとも感じており、事前準備なのか、後日考えを深めるのか、この辺りをご説明いただければより良かったと思います。

2 回目

理想の未来の選択肢が得ることができました。また、それに向けて近しい人から情報収集をするという発想がこれまでの自分に足りていなかったため、新しい視点をいただくことができました。

3 回目

自分のやりたい事に対し、選択肢を並べ、それぞれの実現可能性や具体性を検討する事は、自分のやりたい事を再確認する意味でも有意義でした。

4 回目

スキルの洗い出しの際、さまざまな角度からのアプローチを手助けしていただきました。

5 回目

自分一人では得られない視点からキャリアを考えることができました。

6 回目
 End 

キャリアコーチング受けた後の感想

 

―セッション6回を通して全体の満足度を教えてください。

 

自分1人では得られない視点からキャリアを考えられました。 受講理由も上記を求めていたためであり、求めていたものを得られたため、満足度が高かったです。

 

―キャリアコーチングを受けたことで得られたこと、役に立ったことは何ですか?また、何かご自身で心境や行動の変化はありましたか?

 

新しい視点から自分のキャリアを考えることができるようになりました。

 

―今後継続して利用したいと思いますか?

 

はい。自分の求めるものが得られたからです。

 

―どんな人にキャリアコーチングを勧めたいと思いますか?

 

自分と同じ境遇にある、キャリアを利害関係のない第三者に相談したがっている人。